わたしやっぱり、書く方も、声にする方もあきらめずに表現し続けよう。

 

 

 

書き続ければ、声で表現し続ければ、

「この文章を声にしたい」「自分も声に出したい」「自分ならこんな表現をするな」 って、

声での表現から気持ちを遠ざけてしまった誰かの気持ちを

動かせることもあるかもしれない。

 

文章も書くけれど やっぱりわたしの根っこは 朗読や演劇といった

声で、その人の存在そのもので 言葉や気持ちを表現することが好きなんです。

2017.09.04

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 1人でも、

 広がりのある世界観を

 演じたい。 

 

 そんな思いから出発した

 100dai」シリーズ。

 

「わたし。」

 推敲もしない。

 ただ、書きたいように。

 感じたままを記した

 「わたし。」シリーズ。

 

 「言葉で遊ぶことが好き」

 そんな仲間が集まって

 何やらはじめたようです。

 

 

「台本屋」

 

 声劇・舞台用台本。

 見よう見まねの

 拙いものです。現在3本。 

  

このサイト内のすべての画像・物語の転載・複製・二次加工・販売を禁止致します。
Al artworks and novels on this site are NOT allowed to be used without permission.
Copyright(c)“Natsukawa Miwako” All rights reserved.